スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマココ小説

  • 2011/10/25(火) 23:35:57

ココ誕!!
ココさんハピバ!!♪
娘の誕生日も無事終わったし、心おきなくココさんの誕生日を祝いたいと思います♪
魔法使いまで後2年!様の企画がなかったら、この小説はありませんでした。
素敵企画、ありがとうございました!!
(ところで、5巻の初版でココの誕生日が9月(それでもサソリ座)になってるって本当ですか? 誰か教えてください。私が持っている11版では10月29日です…)


※ココマじゃありません、コマココです。そこだけご注意を。
カップル成立してます。

以下反転☆


*****


「ココさん、お誕生日、おめでとうございます!!」
「ありがとう、小松君」
自分のためだけに用意された料理の向こうで、愛しい人が笑っている。
それが気恥ずかしくて、ココは照れたように笑った。

想いを交わし合う仲になってまだ日は浅い。
小松の部屋に来るのは始めてではないが、どうにも緊張が抜けない。
目の前に並ぶ料理が、小松が自分の誕生日を祝うために用意してくれたものであれば、なおさら。
私生活での親密な関係というものに、ココはあまりにも慣れていないのだ。
「特別な日なんですから、乾杯しましょう! …あ、ノンアルコールですから!」
二人分のグラスを持って、小松がココの隣に腰を下ろす。
グラスの中身は小松特製ブレンドのフルーツジュースだ。
「この日があったから、ボクはココさんに会えたんです。ボクにとっても、今日は特別な日です」
屈託ない笑顔で、小松が笑った。
その目が、じ…と、ココの目を見つめる
「好きです。ココさん」
とくん…と、心臓が高鳴った。
何度言われても、この瞬間は動揺してしまう。
もっと自然に、この喜びを表現したいのに。
「ボクもだよ」
こんな言葉しか返せないのがもどかしい。
それでも、今はこれで十分だと、ココは思っていた。

このまま乾杯に行くのかと思っていたが、小松は黙ったまま、ココを見上げていた。
「…? 小松君…?」
「ココさんは、ボクの事、好きって言いませんよね」
思いがけない言葉に、ココは戸惑った。
「そう…かな?」
想いを伝えるには自分は言葉が足りない方だと自覚はしている。
好意は、ココなりに何度も何度も伝えてきたつもりだったのだが。
「ねえ、ココさん」
小松が思い切ったように、体ごとココに向き直った。
「ボクの事、好きって言ってください!!」
「えっ…」
「ボクはいつも好きって言ってるのに、ココさんは言わないのって、ズルイです」
ズルイと、言われても。
「ココさん!」
子供のように顔を輝かせて言葉を待つ小松に、ココは必死に考えた。
プライベートでの他人との接触を極力断ってきたココは、自分の本心をぶつけることに慣れていない。
どう言えば小松が納得してくれるのか、分からない。
電磁波を見る限り、どんな言葉をかけても喜んでくれるのはわかるのだが…。
「そうだね…」
未だかつてないほど頭の中を高速回転させながら(ただし同じところをぐるぐる回っていることには気が付いていない)、ココは『小松に「好き」と言う』だけの難題に取り組み始めた。
「一つは、料理人としての姿勢かな。料理人としてどうあるべきか、どう食材や食べる人に向き合うか、それを君は何も気負うことなく至極当然のこととしていつも真正面から取り組んでいる」
「…(ぽかん…)」
「立ち居振る舞いも実にいい。手順には無駄がなく、食材一つ一つの扱いが丁寧で、さらにそこに想いとこだわりが込められている。君の調理は食材の命を奪うものではなく、むしろ新たな命を吹き込み、さらに食べる人と想いを共有したいという気持ちがあるんだ。豪快に、それでいて繊細に食材をさばくその指先が、ボクは、本当に…」
「!!(もうこの際この流れでもいいよ!!とばかりにうんうん!とうなずく)」
「本当に、素晴らしいと思うし、尊敬しているんだ」
「…(がくり☆)」
「…まあ、こんなことは、君とコンビを組んでいるトリコの方が、よく知っていると思うけどね。でも、ボクが惹かれるのはそこだけじゃないよ。君は…」
かすかに言葉を途切れさせ…思い切ったようにココは続けた。
「君は、こんな体質のボクにおびえるどころか、一人の人間として対等に向き合ってくれる。君からボクに触れようとしてくれる。こんなボクを…特別な存在だと言ってくれる」
「ココさん」
何か言いかける小松を手で制し、ココは続けた。
「分かってる。自分を卑下するような言葉はいけないね。それを教えてくれたのも君だ」
一つ、呼吸を整え、ココは自分の想いをぶつける。
「君は、ボクの人生を変えてくれたんだ。ボクの世界は君に出会ったことで色づき、呼吸を始めた。それくらい、君との出会いはボクを変えた。救ってくれたんだ。君のためならボクはどんなことも出来る。命だってかけられる。それくらい感謝してる。いいや、しきれないな。そんな君がボクをたった一人の特別な存在にしてくれたこと、ボクが君を特別な存在にすることを受け入れてくれたこと。これがどれほどの奇跡なのか」
「わかりました! わかりましたから!!」
顔を真っ赤にして、小松が遮った。顔が赤いのは内容が熱烈な告白以外の何物でもなかったからに他ならないのだが。
ココはと言えば、伝わっただろうか…と、ほっとしている体たらく。
「気持ちは、もう知っていますから」
小松が、そんなココの顔を真正面から見上げてくる。
その瞳に、ココの鼓動が再び跳ね上がった。
「早く、ボクの事を好きって言ってください」
「…っ」
自分の顔が耳まで赤く染まるのを自覚しながら、ココは、自分がどれだけこの青年が好きなのか、どう言えばそれが伝わるのか、再びぐるぐる考え始めたのだった。

乾杯まで、もう少し、時間がかかりそうだ。


*****


言っていいですか?

馬鹿だな(笑)

男前小松×乙女ココが大好きです。

小松君は男らしくがんがん押せばいいと思います。
ココさんは自分の感情が整理できなくておたおたしていればいいと思います。

ココが本当に幸せになれるお相手は小松君しかいないと思ったので、誕生日祝いはこれしか考え付きませんでした☆

それにしても、鉄平並みによくしゃべりましたね。
こんなにしゃべるココさんはありえないな…と思いながら、必死にセリフ作ってました(笑)

スポンサーサイト

ゼブココ小説☆

  • 2011/07/24(日) 13:30:51

トリココ小説を書いた勢いで、ゼブココ小説も少しだけ載せてみます(笑)
こちらは糖分ゼロ。ゼブラの年齢が分からない段階で書いていたので、ゼブラの雰囲気がちょっとアダルト☆
今書いたら絶対もう少しガキっぽくなると思いますが、せっかくなのでこのまま載せてみます。

以下反転☆


*****


体が熱い。
目の前にいるこの男の仕業だとは、容易に特定できた。
「…何を食べさせた…?」
「さあ…何のことだ?」
「ゼブラ…っ!!」
コントロールが効かない。
全身の毛孔から、汗のように毒がにじむ。
アルコールを摂取した時に起こる、毒分泌制御不能の症状だ。
「食う前にはちゃんと、確認しねぇとなァ?」
「…貴様」
油断していた。
IGOの依頼で、久しぶりに懐かしい顔が集まって仕事をした。
その後の、マンサムが主催の夕食の席で。
(ココも食ってみろよ! これすげーうめぇ!!)
肉に果実入りのソースをかけたものをトリコに進められて、何も考えずに平らげた。
しかしあれは、最初はゼブラの前にあった大皿の料理だ。あのゼブラが、「おめーらも食ってみろ」とトリコにまわした時点で、おかしいと思うべきだったのに。
肉か。肉の下ごしらえか。果実か。ソースか。
あの料理のどこかにアルコール成分が含まれていたことは明らかだ。
「…っ」
己から染み出した毒で、掌がじわりと湿る。
同時に、体の奥が熱くなる。
アルコールがココの肉体にもたらす影響は、毒の制御不能以外にもう一つあった。
「心拍数が上がって来たぜ…?」
「黙れ…」
壁に背中を預けた格好で、ココはゼブラから視線を外す。
正面の高い位置から自分を見下ろす眼も気に入らないが、それ以上にたぎる欲望が中心に集まりつつある電磁波を見せつけられるのが耐えられない。
目をつぶれば早いかもしれないが、この男の前でココが目を閉じるのは、猛獣の前で無防備に背中を見せるようなものだ。
「出ていけ…」
「やなこった」
「出ていけ! ゼブラ!!」
「今、オレが出て行ったら」
すっ…と、その巨体からは思いもよらぬ軽い身のこなしで、ゼブラは音もなくココとの距離を詰めた。
身を固くするココを挟むように両手を壁について、息がかかるほど近くに顔を寄せる。
「困るのはお前じゃねェのかよ、ココ?」
「…」
ちら…と視線を送ると、炎のような眼と間近でかちあった。
睨みあいで負けるわけにはいかないが、圧倒的に状況が悪い。
「一人で処理できるのかよ」
猛獣のような男は、喉の奥でくくっと笑う。
「無理だろ…?」
笑いと欲情の混じった低い声を乗せて、熱い吐息が頬を撫でる。
「全然足りねぇんだろ…?」
毒のようだ、この男は。
自分の体質など可愛いものだと思う。
にじむ毒をものともせず、熱い昂ぶりを互いの服越しに腰に押しあてられ、耳たぶをざらりと舐められて。
理性が焼き切れるのを感じながら、ココは、自分に食らいつく猛獣の牙を受け入れた。


*****



この後床の上で事に及びますが、書きあげたらこの前段階と一緒にコピー誌にする予定です。
はい、ココ受本第1段はゼブココの予定です!!えええええ…(笑)
一緒に載せるエピソードも考えていますが、こっちが書きあがり次第…8月に出せればいいなあ…(←確定じゃないらしい) いや、一応ね、アクセサリーを優先しないとね、便宜上…(便宜上かよ)

勢い余ってカテゴリ増やしました。「ココ受」です。今後、小説書いたり落書き描いたりしたら、こちらに載せたいなあと。
ああ…ブログの方向性がどんどん迷走状態に…(今に始まったことでもないが…)

コメ欄に感想とかもらえると嬉しいです~。

トリココFES!!!!

  • 2011/07/24(日) 02:41:24

トリココ祭りに飛び入り参加させていただきます!!
なんて素敵すぎる企画なんでしょう(鼻血)
素敵企画者様→トリココFES!
以下、トリココ小説につき反転でお願いします。
性的表現はありませんが、裸エプロンに注意です(笑)

※突貫で書いたためかなり雑な仕上がりな上、アホな話です…(笑)


*****


バスローブ一枚の姿で、トリコはソファでくつろいでいた。
熱めの風呂で火照った体を、夜気が心地よく冷やしていく。
「ワインとウイスキー、どっちにする?」
台所からかかるココの声に、トリコは少し考えた。
「ん~…ワインがいいな」
「赤? 白? ロゼもあるけど」
「赤」
「了解、少し待って」
ワインクーラーをいじる音、グラスを用意する音などが続き、あまり間を開けずにココが戻ってきた。
その手のトレイには、よく冷えた赤ワインと、これまたよく冷えたグラスが乗っている。
「お、いいね…」
しかし、舌なめずりするようなトリコの視線は、ワインではなくココに向かっていた。
居心地悪そうに顔を赤くするココは、ひらひらのフリルがたくさんついた、丈の短いメイドエプロンを身に着けていた。その下は裸体。いわゆる裸エプロン姿だ。
ご丁寧に、頭にだけメイドカチューシャを装備していたりする。
栓を抜き、ワインをグラスに注ぐだけの行為だが、ココは少し手つきがぎこちない。こんな姿を舐めるように見られて、落ち着かないのだろう。
それでも、紅い液体で満たしたグラスを、どうにかトリコに手渡した。
「どうぞ、オーナー」
今日はトリコの事をそう呼ぶのが、約束になっている。
にやにや顔でこの状況の全てを満喫しながら、トリコはグラスに唇を付けた。
ひと口含んだだけでふわりと広がる芳醇な葡萄の香り。長年樽の中で熟成されてきたワイン特有の、程よく混ざる樽の香り。甘みと酸味が強めのアルコールとともに口に広がり、飲み込めば火照った体の中心が心地よく冷える。
トリコの唇から、感嘆の吐息が漏れた。
「美味い」
「それはよかった」
緊張したままだったココの顔に、ようやくほっとしたような笑みが浮かんだ。
お酒が飲めない自分の選んだ酒だったから、心配していたのだろう。
最初の三口で深く味わい、残りはさらりと胃に流し込む。
「肉が食いたくなるな」
「さっきあれだけ食べたじゃないか」
空のグラスに2杯目を注ぎ、トリコに渡しながら、ココはあきれ顔になる。
風呂の前に食べた量を思い出したのだろう。
いつもと変わらない量だと思ったが…と、少し考え、トリコはにやりと笑ってココの腰を抱き寄せた。
「ちょっ…トリコっ?」
バスローブからむき出しのトリコの足に、エプロンの後ろでやはりむき出しの尻でココが座る形になる。
真っ赤な顔で固くなっているココに、トリコがささやいた。
「じゃあ、ココが食べたい」
耳まで真っ赤になったココが、眉をひそめて見せた。
「…腹こわすぞ」
「今日は、ご奉仕してくれるんだろ?」
そう。それも今日の約束。
ココは手の中の瓶をサイドテーブルに置くと、その手をトリコの肩に回す。そして、恥ずかしさのあまり消え入りそうな声で、そっと囁いた。
「今日だけだからな、バカトリコ」
瓶で冷えた指先が、すぐに熱を帯びていく。
うるんだ目に間近で睨まれても可愛いだけで。
トリコはくつくつと笑いながらココのむき出しの背中に指を滑らせた。
今日は、大切な日。
トリコにとってはもうどうでもよかったのだが、ココにとってはとても重大な日。
万感の思いがこもったやさしい声が、トリコの鼓膜をやわらかく包む。
「ハッピーバースディ、トリコ…」




「…なんて、出来るかっ!! バカトリコっ!!」
ココの怒りが爆発した。
「どぅわっ?!」
身構える間もなく強烈なストレートをモロに食らい、トリコの巨体が吹っ飛んだ。
どんなにトリコが超重量級とはいえ、殴った方も身長2メートル体重100キロの戦闘に特化した肉体の持ち主。
そこから繰り出される拳の威力はハンパなく、トリコの体はクッキーとウエハースの壁を2枚ぶち抜き、綿菓子のベッドでバウンドして、あえなくビスケットの床に墜落する。
「オーナー? メイド? 裸エ…」
その単語を最後まで発音出来ず、ココは顔を真っ赤にして拳を震わせた。
「なんだそのシチュエーションはっ!! 品がないにもほどがあるっ!!」
「ってぇ…」
クッキーとビスケットの破片にまみれた姿で、トリコが壁の穴から這い出してくる。これでもココは手加減した方だ。本気で殴り飛ばせば、トリコの体は外壁まで突き破り、スウィーツハウスよりはるか遠くまで飛ばされていたに違いない。
「なんだよ、ココが『欲しいものあるか~』とか『してほしいことないか~』とか言うから、正直に言ったんじゃねぇか」
恨めしそうに殴られた頬をさするトリコに、ココは再び拳を震わせる。
「発想に品がないと言ってるんだ!」
「それじゃあリクエストになんねぇだろ、ココのケチ!!」
「うるさい変態!! 裸エ…とか、どこのスケベ親父だ!!」
「いーじゃん! 見たいぞ! ココの裸エプロンっ!!」
「…っ、一回くたばれっ!!」
「わわわわわっ!! 待てっ、毒はヤメろ毒はっ!!」
「問答無用っ!!!」

何やら楽しそうなハウスのほうに視線をめぐらせ、白い獣と黒い獣は首をかしげた。
中の二人が暴れているのは間違いなさそうだが、どうも止めに入るのは邪魔をするみたいで気が引ける。
しかし、このままでは家がつぶれてしまいそうな勢い。
どうしよう…と、視線を交わした2匹だったが。
…バトルウルフとエンペラークロウが犬に噛まれてはシャレにならないという結論に達し。
再び、ゆるゆると日向ぼっこに戻っていったのだった。

後日、スマイル氏が眉間に壮絶なしわを寄せることになったことは、言うまでもない。




*****



はい、一番品がないのは書いてる人間ですすみません。
そのうち話を展開させて、来年のトリコバースディ本になるかもしれないならないかもしれないそんな感じで☆
トリコにハマって真っ先に殴り書きした落書きが、バスローブで片手にワイングラスを持ち、もう片手で恥ずかしがる裸エプロンメイドのココを抱き寄せるオーナートリコ(イメージは4巻表紙☆)だったのです(笑)
それを元ネタに小説にしてみましたが、…馬鹿ですね(笑)ごめんなさい…。
すみません、もう書き逃げです。
本物のトリココ成分は、よそで補給してくださいませっ。

でも、書いててとても楽しかったです♪
うちのトリコはココをリードしたがってます。でも、ココの方が大人なので、気がつくとうまい具合にココに動かされています(笑) いつかそんな二人も書きたいなっ…!!

ゼブココやサニココやコマココや一龍ココや美食會ココなんかも妄想が止まらないので、そのうち何かかましたいです(笑)
時間があればね…!!(毎回こればっかり)

企画者様、ありがとうございました!!
他の参加者の皆様の作品も楽しみにしております♪(むしろすでにいろいろ楽しんでおります♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。